博物館からのお願い

ご来館の皆様に楽しくご観覧いただくため、また、展示物を未来に遺していくためのお願いです。
博物館では、次のことを守ってください。

撮影OKです(条件あり)
展示物の安全とお客様の安全を守ってください

館内は写真・動画の撮影が可能です。
ただし、以下についてはお控えください。

  • フラッシュの使用(展示物の色あせ・変色の原因になります)
  • 三脚の使用(希望される場合は事前にご相談ください)
  • 自撮り棒を使っての危険な撮影(長く伸ばす等)
  • 歩きながらの撮影
  • ドローンを使っての撮影

他のお客様の映り込みにご注意ください。
万一トラブルが発生した場合、当館は責任を負いかねます。

ペットOKです(条件あり)
床には降ろさない

床には降ろさないよう、キャリーケース・バギー・リュック等に納めるか、ずっと抱えていただける場合は、ペットの入館も可能です。
盲導犬や介助犬の入館は自由です。

携帯電話OKです(条件有り)
お話は小さな声で
不要不急の電話は外で

緊急の場合は、携帯電話を使用していただいてかまいません。
長くなる場合は、いったん建物から出てお話しください。

飲食はしないでください
中身がこぼれないようしっかり蓋をしてカバンへ
アメやガム、ペットボトルも不可です

食べこぼしやこぼれた飲み物は、標本を傷めるカビや害虫の原因になります。
「つやま自然のふしぎ館」では、1階の休憩スペースにウォーターサーバーを設置しておりますので、こちらをご利用ください。

さわがない・走らない
お話は小さな声で
ゆっくり歩いて鑑賞

大きな声でお話をすると、他のお客様のご迷惑になります。
また、館内を走るのは危険ですのでおやめください。
展示物やガラスケース、他のお客様にぶつかると標本が破損したり怪我をします。
展示室内の剥製が揺れによって転倒や落下する危険もあります。

展示物やガラスに触らないでください

壊れる恐れがあります。
また、人間の手には汚れや汗、皮脂などがついています。
触ったときはわからなくても、時間がたつとシミや変色が起こり、カビや害虫が発生する原因になります。

ガラスに手の油がつくと、他のお客様の鑑賞の妨げになります。
また、割れると大変危険ですので、絶対にたたいたりもたれたりしないようにしてください。

◎「触れる」表記があるものは、触って、体験していただいて大丈夫です。優しく触ってください。
 (※新型コロナウイルス対策のため、現在は全ての展示が触れません)

傘は持ち込まないでください
日傘・雨傘とも入口の傘立てに

使用後の折り畳み傘は、ビニール袋に入れていただければ持ち込み可能です。

筆記用具は鉛筆をご使用ください
ボールペンや消しゴムは使わないでください

インクやシャーペンの芯、消しゴムのカスが展示物を傷つけると、修復が困難になります。

禁煙・火気厳禁
屋外の喫煙場所をご利用ください
電子タバコも不可

館内での喫煙は絶対におやめください。

☆問題が発生したときには、必ずスタッフに報告してください。
万一怪我をしたり、物を壊したり汚したりといった問題が発生したときには、すみやかにスタッフにお知らせください。

住所
岡山県津山市山下98-1

TEL
0868-22-3518

メール
info@fushigikan.jp

開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日
3月、7月、9月/毎週月曜日
6月、11月~2月/毎週月・火曜日
※その他の月および祝日は開館
年末年始(12月29日~1月2日)

「動物のはく製」について 動物のお腹から、内臓や筋肉と取り出し、体内を消毒しくさらないように防腐剤を入れます。 (古代エジプトで人間のミイラを作るのとほぼ同じやり方です。) その後、体内には発泡スチロール等を詰め、針金などで形を整えます。 動物の毛皮、角、牙、ひづめ、羽毛(鳥類)はその動物のものを使います。 目玉や舌など腐りやすいものはガラスプラスチックです。 入り口で皆さんをお出迎えしている「セントバーナード犬」の目玉はガラスですが他はすべて本物です。
PAGE TOP