第8室 日本の野生動物

日本は南北に長いので、国の面積の割には多くの野生動物が生息しています。
ここでは岡山県でよくみられる「キツネ」 「タヌキ」 「イノシシ」 「ツキノワグマ」をはじめとする哺乳類、日本各地の鳥類が見られます。天然記念物に指定されている「イヌワシ」や「オオワシ」 「ライチョウ」 「ブッポウソウ」等小型の野鳥類も展示してあります。


展示室一覧

住所
岡山県津山市山下98-1
TEL
0868-22-3518
開館時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)休館日
3月、7月、9月/毎週月曜日
6月、11月~2月/毎週月・火曜日
※その他の月および祝日は開館
年末年始(12月29日~1月2日)

 

「動物のはく製」について

動物のお腹から、内臓や筋肉と取り出し、体内を消毒しくさらないように防腐剤を入れます。
(古代エジプトで人間のミイラを作るのとほぼ同じやり方です。)
その後、体内には発泡スチロール等を詰め、針金などで形を整えます。
動物の毛皮、角、牙、ひづめ、羽毛(鳥類)はその動物のものを使います。
目玉や舌など腐りやすいものはガラスプラスチックです。
入り口で皆さんをお出迎えしている「セントバーナード犬」の目玉はガラスですが他はすべて本物です。

PAGE TOP